3世代で旅行するなら!宿泊施設を選ぶコツ4つ

コツ1.バリアフリー化された施設を選ぶ

まずは施設内の移動に際して、エレベーターやエスカレーターが使える施設を選ぶと良いでしょう。また、可能であれば館内や宿泊する部屋の中に段差がないかをチェックします。体に何らかの不具合を感じる人はもちろん、自力で動けるシニア世代の人でもちょっとした段差を億劫に感じる場合があるため、廊下の段差の有無やスロープの有無、宿泊する部屋のトイレの入り口などに段差があるかをチェックすると良いでしょう。

コツ2.食事はビュッフェか部屋食の施設を選ぶ

シニア世代と子ども世代で食の好みが合わないのが心配という場合はビュッフェが便利でしょう。旅行の参加者が全員自分で料理を取りに行ける、または誰かが代わりに取りに行けば大丈夫という条件がそろうのであれば、めいめい好きなものを楽しむことができます。一方、小さな子どもがいてビュッフェでは周りに迷惑をかけそう、プライベートな空間でゆっくり食事したいということであれば部屋食ができる施設を選びましょう。

コツ3.様々なお風呂がある施設を選ぶ

ジェットバスや炭酸泉、寝転んで入るお湯など様々な種類のお風呂がある施設を選ぶと、選択肢が多いので子どもも飽きずに入浴しやすくなります。また、体を休めたいシニア世代や母親、場合によっては運転者にとっても、好みのお風呂を選んでゆっくりする時間を確保しやすくなるでしょう。

コツ4.プールやキッズスペースのある施設を選ぶ

託児スペースやキッズスペースがある宿泊施設を選べば、小さな子どもがいる母親もちょっとした休憩時間をとることができるでしょう。また、ある程度大きな年齢の子どもならば、プールやボーリングといったアクティビティで遊んで過ごすことも可能ですから、その間に親は大人の時間を過ごすこともできます。

フラマイレーツを検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です