出発が早まるときがあるの?搭乗ゲートは事前に確認!!

飛行機の出発時間が予定よりも早まるケース

日本の鉄道は遅延が少ないとして知られていますが、逆に早く出発したりすると問題ありとしてニュースに取り上げられたりします。世界的には遅延はそれなりにあると言われていますが、飛行機にはどんな事情があるか知っておいた方がいいでしょう。まず飛行機で遅延は結構あると考えておきましょう。遅れた時は自分自身が空港に遅れたとしても何とか手続きができそうです。それ以外にたまにあるのが出発時間が早まるケースでしょう。当初予定されていた時間よりも早く搭乗手続きをするよう促されたりします。一応予約の時に連絡先を伝えているので、出発時刻の変更情報を事前に確認は可能です。念のため出発日の前日や当日などに変更がないか確認しておくと良いでしょう。

各航空会社のゲートの位置を確認しておく

地方の空港だと空港内もそれほど広くなく、どこで手続きをすればいいのかそれほど迷いません。しかし国際空港となると国内線、国際線、さらにLCCのゲートなどがありそれぞれが非常に広く取られています。同じ空港内でも端から端まで移動するのに歩いて小一時間かかるときもあるでしょう。よく乗る便であれば空港バスなどからゲートまで最短距離で行けますが、初めて乗る便だと航空会社のゲートがどこにあるか知らないといけません。空港に来てから探すより、事前に空港のどのあたりにあるかを確認しておきましょう。時間に余裕があるときでもまず手続きを行うゲートのチェックをしておけば、手続きができなくて困るなどのトラブルは少なくなりそうです。

フラマイレーツを検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です